SNSで映える写真の撮り方を教えます!

SNSで映える写真の撮り方ゲット!

SNS映えで思い出定着

ホームセンターでも、SNS映えという文字が刺さって振り返って二度見しました。
フライパンでSNS映えも当然です。
フライパンはfrying panで、鍋の一種の調理器具として主に焼いたり炒めたりと大活躍で、キッチンを彩る形状と認識しているところもあります。
ソテーパンやスキレットもフライパンの一種です。
SNSのおかげで気軽に、インテリア雑誌のみならず一般の家庭のキッチンやリビングダイニングを見せていただく機会は増え、いろいろなアイデアがあって素敵なインテリアの素晴らしいお宅だなとじっくりと眺めてしますね。
似た間取りや同じタイプの家具があったりすると、カラーコーディネートを真似てみるだけで、全く違う雰囲気に変わったり。
住居というのは、住んでいる家族の温かみや人柄、生活環境を投影しているように感じます。
全く同じ家具でも、使い方や家族構成が違うだけでも、雰囲気はガラッと変わるのでしょう。
例えば、車の中のような限られた狭いスペースの中で最低限の小物しか置いてなくても、よちよち歩きの子どもの靴片方が転がっているだけで、一瞬にして、初めて見た人は子どもの世界に引き寄せられます。
様々な情報を得ながら認識していく毎日の中で、片隅にある腕時計でも、置き忘れた毛糸だまでも、「生活感」としてそこから見た人の想像をかき立てるのでしょう。
キッチンに自然にかけられているフライパンが、キッチンの主を料理上手と連想させたり。
想像力いっぱいの素材を探しに行きましょう。

フライパンで想像するもの

SNS映えする写真を撮影していくためには、カラフルなお洒落でデザイン性がありセンスが良いなどをポイントとして、選んで撮影することです。 SNS映えするスポットや観光地も絶えず話題で、遊びに行く目的がステキな写真撮影でも十分楽しめて、後日も編集して思い出が定着します。

スマホやPCの配色は黒を下地とし色を重ねて白に近づく加法混色

減法混色はインクや絵具等での発色の白を下地として色を混ぜ黒に近づきつつ発色する方法です。 通常のプリンターの場合は、C(シアン)やM(マゼンダ)やY(イエロー)やK(ブラック)のインクを混合して様々な色合いを可能にします。 理論上は可能でも黒以外のインクで黒を作るのは困難で黒インク(K)があります。

SNS映えのマナーも必要

SNS映えのために場所に固執しすぎて、すっかり大人のマナーを置き忘れることのないよう気をつけると気分も爽快です。 私有地に勝手に入り込んだり、路上駐車などのマナー違反もいけません。 公共施設に常設してある、撮影スポットなどの独占や店内撮影時の周囲への配慮やイベントなどでの撮影許可を得ることが大切です。