SNSで映える写真の撮り方ゲット!

SNS映えのマナーも必要

正面から光を受けて撮る順光

スマートフォンで人物写真を撮る前に要確認なのは太陽光の向きで、撮影したい場所を決めたら、光がどこから差し込むかが大切なポイントです。
順光では、被写体の後ろに陰ができ、スマホで撮る人の背に太陽があるイメージです。
被写体正面から光が当たっている状態を順光と言います。
全体的に光を浴びることでくっきりした人物の写真を撮ることができます。
立体感が見えにくいところもあります。
撮る人の影が写り込むのには注意しましょう。
明るさ調整をしますが、基本的にフルオートで撮れば、明るさ等は自動で設定され便利で失敗が少なくなります。
顔認識機能などが高精度で、優秀です。
被写体と背景の明るさの差が大の場合は、カメラ露出補正等で調整できます。

斜光と逆光

斜光は、被写体横から光がさしている状態のことです。
写真に立体感があり、明るい部分や暗い部分の差がくっきり撮れます。
斜光の場合によっては、顔の一部が暗く写る可能性もあります。
プロなどの撮影では、影になっている方向に白い紙やレフ板等の反射板を用いて光を反射させることで、影をやわらげる技術を使います。
逆光は柔らかい印象で、立体感をくっきりさせた人物写真等の被写体を撮ることが可能です。
被写体が暗くなるデメリットはあります。
太陽などを背景にして撮れば人物の顔が暗く、レフ板や白い紙をスマートフォンのカメラの手前にかざすことで人物に、背後からの光を反射させると上手く撮れます。
背景と人物の明るさの差がなくなります。
やわらかく写り、強い光線で白くぼやけるように撮ることも。
背景がとんで、雰囲気のいい写真が撮影できて、SNS映えできます。


この記事をシェアする